合宿免許 流れ

合宿免許の流れ

合宿免許を利用して免許取得を考えている方なら、予約は分るけど、その後の合宿免許の流れが気になるという方も少なくないと思います。。。

 

合宿免許の期間は、最短でも約2週間という期間が必要になってきますが、その一番 最初にするべき事は、入校手続きです。
入校手続きには、予約の時にチェックした本院確認の書類と住民票が必要になってきます。  また、すでに原付き免許を持っておられる方は、免許も提示しておく必要があります。

 

その後、適正検査があります。  これは、免許取得に最低限必要な視力、聴力の検査という事になります。
ですので、常にコンタクトレンズの方は、この段階でコンタクトを装着しておく必要があります。  まぁ、眼鏡でも構いませんけどね。。

 

そして、最初は仮免許取得の為の学科と教習になります。  こでは、講義を聴く以外に、教習所内で運転をするという事になります。
ここで、AT免許、MT免許で違いが出てきますが、コース内の運転自体は、どちらも変わらないと考えて良いです。
その後、技能検定があって、それに合格すると仮免許の状態になります。 この仮免許の状態でなければ、一般道の路上教習が出来ませんからね。。

 

仮免許まで来たら、高速道路での運転や、俸給救護処置などの学習をして、卒検の為に教習を受けるという事になります。
ここまでが合宿免許所で受ける教習になります。

 

最終的に、ご自身の地域に戻られた後で、運転免許センターに出向いて、学科試験を受けるという形になります。この試験に合格して、晴れて免許取得という事になります。。。

 

これらが、おおまかな合宿免許の流れと考えて問題ありません〜