合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリット

合宿免許は全てスケジュールが決められています。
その為まとまった休日が必要となるでしょう。ほとんどの合宿免許が二週間から一か月程掛かります。その為社会人には難しく、長期休暇中の学生や求職中の人が主に通う物となっています。また、合宿免許はスケジュールがあらかじめ決められています。

 

もし短期間で取得をしたい場合はギリギリのスケジュールで朝早くから夜遅くまで教習所に通わなければいけないでしょう。余裕を持って取得をしたい場合は事前にスケジュールを確認してから合宿免許の予約を撮ってください。また、合宿免許は定員が決まっています。

 

その為定員オーバーで希望校に入学をすることが出来ない可能性もあります。通学免許は定員はありませんが合宿は少人数で決まったスケジュールで動くものです。その為定員があるのです。合宿免許期間中は地元を離れて見知らぬ土地で生活をする事になるでしょう。合宿免許のお蔭で友達が出来る人もいますが人によってはずっと一人で免許取得を目指す事となります。知り合いもいない土地で友達も作る事が出来ず通う事が辛いと言う人には余り向いていないかも知れません。